会員の頁 / essay




内野滋雄

都立大学附属高校
1期

八雲展今昔


 ご承知のように八雲展は毎年5月に大崎の0美術館で行っている美術展です。
 この美術展は1929年(昭和4年)に創立された府立高等学校(尋常科4年、高等科3年)の絵画班が毎年記念祭の折に行っていた絵画展が始まりです。
 当時の八雲が丘は豊かな自然に溶け込んでいたようで、北には雑木林が広がってデッサンには事欠かなかったそうです。
 戦争、終戦、学制改革の中で、絵画班は府高美術部と名称を変え、その流れは新制の都立大学附属高校美術部(美研)に引継がれて活発な活動が続くようになりました。

 その発端は1979年(昭和54年)、府立高等学校創立五〇周年記念の行事の一つとして行われた第1回八雲展です。
 1979年1月26日から、当時の東急百貨店日本橋店6階画廊で6日間開催されました。出品者は松岡正雄(遺作)、石川道雄(遺作)、島岡達三、岡弘、岡本半三、塚原政恒、山口良介、小玉貞二、藤波哲太、山下肇、朝長康郎、平部正博、矢沢弥三郎、草下草也、高島文三、甘田早酉、永井保、善多智慧夫、内野滋雄、加藤武利、物故者2名を含め20名でした。
 オープニングパーティでは参加者100名を起す賑わいをみせ、盛会裡に会期を終えることができました。

 第2回以降は1年半か2年の間隔で行いましたが、大先輩から「俺達は先が短いから毎年やれ」と言われ今年は第35回を迎えることになりました。
 出品者も年々増加し、一時は50名以上の年が続きました。旧制の方々は亡くなられた方が多く第1回八雲展出品者20名のうち18名が逝去され、今年の出品者は1名となってしまいました。
 都立大学附属高校の中には美術大学出身者も多く、会場ではレベルの高い展覧会と言われております。
 また、東京都立大学出身の方が年々増え、八雲展を支えておられ、プロ級の方も多く、今では首都大学東京の方も入会されメンバーの拡がりは喜びです。
 府立時代の校旗、校章、校歌を継承している桜修館中等教育学校の参加者を待ち望んでいる此の頃です。

クリックすると拡大画像が現れます




岩下 慎吾

首都大学東京
**期

2015年首都大生第1号として出展

昨年度に新しく八雲展会員となりました岩下です。
後藤さんから私の入会経緯について八雲展HPに掲載した方が良いとのお話がありましたので、以下の通りお知らせします。
宜しくお願い致します。

2010年 大学に入学し、美術部で本格的に絵を描き始める。
2013年6月 学内展示会に絵を飾っていたところ、同窓会役員の方(記憶では小松芳雄さん)から私の絵を同窓会報の表紙絵にしてくれないかという依頼を受ける。選ばれた作品は「The Way to the…」
同年11月 首都大学同窓会会報 第9号の表紙を飾る。そのご、後藤さんが本学の美術部を訪問され、八雲展の存在を知る。
2014年5月 第32回八雲展に訪れる。展示作品のレベルの高さに感心し、今後も継続的に作品を発表したいという思いもあって、入会を決める。
2015年5月 第33回八雲展に首都大生第1号として出展。





瀬川智貴

都立大学付属高校
29期

2015年同窓会報寄稿 第32回八雲展

 32回を数える「八雲展」が2014年5月9日〜14日、例年通り品川区・大崎の"O"美術館で開催されました。今回は、出品者37名、来場者は約900名を数えました。
 八雲展は旧制から新制初期に美術を教えられていた漆絵の大家、松岡正雄(大和)先生の教え子達によって始まった会です。第20回からは、その後の美研OBと都立大学の方が加わり、リベラルな校風そのままにプロアマ問わず和気藹藹とやっております。
 私が高校在学時に聞かされていた旧制の方々と云えば、まさに雲の上の存在でしたが、この会のお蔭でいろいろ含蓄あるお話等も伺え、刺激を受けたことは幸運だったと思います。その大先輩方も年々少なくなり、仕方のない事とはいえ寂しい限りです。
 この会では、50代の私たちが一番若手です!(笑)もっと若い方々は仕事や育児等で何かと忙しいことと思いますが、ぜひご参加ください。こういう目標があれば久しぶりに絵筆を取ってみようかという気になるものです。私たちの期は、年に一度ここに集まり、作品鑑賞を肴に一杯やるのを楽しみにしています。そんな楽しみ方も歓迎です。
 会場には油彩、水彩、日本画、墨絵、彫刻、イラスト、CG動画、パッチワークなど実に多彩な作品が並びます。今年は5月8日〜13日、"O"美術館で開催予定。お待ちしています。ホームページはyakumotenで、検索してみてください。

クリックすると拡大画像が現れます




田口 重吉

旧制府立高校
文乙15卒

私と八雲展

私は、1921年生まれの91歳、大正、昭和、平成の三世代を生きて参りました。若い時は、山登りや、スキー、ゴルフに熱中しましたが、今や足腰衰え、「垢ぬけた馬鹿になりたや、老いの春(元次郎)」というありさまです。元々絵が好きで、勤務中昼休みに銀座の画廊で大家、新人の個展を見るのが楽しみでした。

八雲展は窪田季雄様に教えられて、始めてその存在を知りました。プロ、アマ共存のユニークな展覧会で、その水準の高さに驚きました。特に岡本半三様の絵が気に入って、鎌倉のアトリエに押しかけて小品を譲って頂いたり、また最近では一点豪華主義,増田昌弘様の屏風絵で、わが応接間を飾っている次第です。
唯、残念ながら自分で描く方は一向に進歩せず、、才能の不足を痛感している次第です。

この人生は一回だけ
他人を傷つけず
思いのたけを生きよう 人間の尊厳を大切にし
人生は一回だけ
永くはない(住吉弘人)

今年は例年になく厳しい寒さが続いています。皆様お元気に、絵筆をにぎって新年をお迎え下さい。

普賢寺 俊男
旧制都立高校
理24卒

homepage
私の八雲展

八雲展とのなれそめは?と思いをめぐらしたが、何も出てこない、ぼけたかなと思いながら府立の機関紙「八雲」で見たのか、テニスの先輩甘田さんにすすめたられたのか定かでない、とにかく興味を持って電話をしてみた、書は駄目ですと言われ、冗談じゃない書も芸術だと思いながら、松岡先生を偲ぶ会と聞いて、それじゃと絵らしい作品を選んでと、出品したのが平成15年第21回八雲展だった。
出品者の中にコーラスでも大先輩の岡さんにも会えたし、恩師東恩納氏の息子さんにも逢えた、以来毎回の出品作に刺激を受けた、ちぎり絵あり、仏あり、CG映像・電車イラスト・廃材スタンドと、いろいろのテーマ、手法、ジャンルに接し、勿論絵画でも正統派・前衛と盛り沢山、赤あり、金ぴかあり、白黒ありと兎に角俺も頑張らねばと思った。
美しいものを美しいと思い、どんな小さな事にも感動することを忘れない、豊かな余生を送りたい、そんな気持ちで一杯、どうかこの会が長く続き多くの感動を与えてくれることを願う。




猪飼 勝
旧制都立高校
理25卒
八雲展と私

旧制高校について

旧制府立高校は、高校に付属した中学(尋常科と称した)がある当時としては数少ない中高一貫教育を受ける生徒を含む高校でした。高校のクラスは、こうした生徒と一般の中学卒業生を選抜した新入生で編成されました。一例として昭和25年卒業の第19回生理科1組の場合を挙げれば、1クラス37名中9名が尋常科出身でした。

旧制高校についての解説は、いろいろあるかと思いますが、旧帝国大学卒業生で構成される学士会の会報に英国パブリック・スクールと対比して、制度や当時の社会における位置などまとめた文章があるので、これから抜粋し一部加筆しています。詳しくは「学歴貴族の栄光と挫折」講談社学術文庫 竹内洋をご一読ください。

明治19年の中学校令によって全国に第一から第五までの高等中学校が設置されたことからスタートして、明治27年に高等学校と改称され、最終的には、大学予科を含め38校になり、卒業生は、21万人になります。旧制高等学校は、男子だけの学校でしたが、昭和23年頃には、新潟高校や山形高校などで女性の入学者がいました。中学校から旧制高校への進学状況は年度によって異なりますが、男子の0.3パーセントから0.7パーセントです。特徴は、厳密な能力主義による選抜でした。

大正時代に創立されることになった武蔵、甲南、成城、成蹊など私立の、府立や浪速などの公立は、パブリックスクールをモデルにしていますが、これ以外は官立でした。

明治時代の旧制高校には、めざすべき人間像が明確で、勤倹尚武とか武士道精神を重んじる気風がありました。ところが、日本の近代化に対応するエリートを養成する時代の要求もあって、武士道精神は希釈されて洋風インテリ製造工場化していきます。旧制高校エリートの死角は伝統文化と庶民でした。

旧制高校は、昭和25年に廃止になりましたが、日本人自身がそういうものはいらないと考えたのかどうか、清算しないで終わらせてしまった感は否めません。デモクラシー社会にあっても、指導者やエリートは必要なわけですから、デモクラシー社会でのエリート教育はいかにあるべきか、あるいはそんなものは必要ないと考えるのか。

旧制高校といえば、「栄華の巷低く見て」式の、ナンバースクールのイメージが強いのですが、大正時代にできた七年制高校は、かなりリベラルな学校だったのですから、民主社会のエリート教育という点では、七年制高等学校や地方校を再考すべきかと思います。

府立高校は「東洋のイートンスクール」を唱えていました。
旧制高等学校は、今日の学校が忘れている青春と友情の空間であったということも大事なところです。

出典(旧制高校とパブリック・スクール--日英エリート教育の比較--竹内洋 学士会会報No.818 1998-1)

八雲展のはじまりと私の参加」について

1950年代に戦後の混乱から経済成長を始めた日本では、あらゆる文化活動がさまざまな分野で繰り広げられるようになりました。絵画の分野では文化人が、ホビーとして絵でも描こうや、とチャーチル会の展覧会を1949年に開催する。企業でも労働組合対策の一環として、社内での絵画同好会の活動を助成するようになっていました。

こうした流れの中で、戦前から続けていた東京高校のグループ展を目にした喜多智慧夫氏(26理科)は所属公募団体の先輩平部正博氏(16年理甲)に都立でもやろうと働きかけ、尋常科出身の平部氏は、尋常科で絵画部をまとめていた内野滋雄氏(26尋4A)と共に、八雲展の企画を発足させました。

このようにして、第一回展は内野氏の縁故により日本橋東急で開催しました。 第一回展の芳名録第一ぺージは、岡 弘(15理乙)岡本半三(19文乙、絵画研修フランス留学生)平部正博(上記)辻野典代(大調和会役員、平部氏の同僚)が記帳されています。第一回展時点の会員名簿は、別紙のとおりです。

私は、第2回展前に内野氏から案内の私信をいただき、参加することになりました。出品を続ける間に、潮恒郎 氏(18裡乙)と事務局のお手伝いもさせていただきました。

こうしたなかで、会の存続についてどのように考えるのか幹事の中で話題になりました。そこで、付属高校の後輩の参加をはかり、あわせて旧制高校の教員の一部が都立大学へ移籍したことを理由に、同大学も旧制高校の延長線にあるとして同大学OBにも参加をよびかけることにして現在の状況になりました。

その後私は当展に出品すると並行して、かつて3名の先輩後輩が所属した大調和会を大作発表の場に選びこの会員になり、日本美術家連盟の会員にもなって、制作に没頭しています。